la maison de SŒURS

masoeur.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:RAKAM( 14 )

クリスマスのテーブル

ラカムを見ていると、素敵なクリスマスのテーブルセッティングを見つけました。
 (と言っても持っているのは年代物、本当に古〜い)

a0230716_1443825.jpg


本が古いので、テーブルセッティングもオーソドックスな【The Christmas】家族の時間。
刺繍の柊、見ているだけで・・・ウゥ〜大変!


こちらはゴールドのメタル糸で華やかに、友人達とのディナー。

a0230716_14491376.jpg


a0230716_14501844.jpg




シックに大人達のクリスマス

a0230716_14503150.jpg


a0230716_14504262.jpg




久しぶりに繰ったラカムで、妄想のクリスマスの一時を過ごしました。





いつもご訪問くだってありがとうございます。
バナーをクリックして頂けたらとても嬉しいです。
*Please click here. Thank you !
*Cliquez sur ici, s'il vous plaît . Merci!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]
by lamaisondesoeurs | 2014-12-19 15:26 | RAKAM | Comments(2)

RAKAMでの探しもの

週末、ホームクチュリエを訪れた余韻に浸って作家さん達のHPを見たり、
次回作のアイディアを出したり、製作中の作品がなかなか進みません。


完成作品を載せる前に、半ば忘れかけているラカムでの探しものを、
折角見つたので、忘れないうちに書留めておきたいと思います。



探していたページは 
「FELCE D'ORO 金のシダ」

a0230716_17185053.jpg




「GIARDINO IN FIORE 花の庭」

a0230716_17191762.jpg




両方ともテーブルナプキンの織模様に刺繍を施しています。

a0230716_17214682.jpg



素敵なアイディア!

と言うのも、お土産にディッシュクロスを頂く事が良くあるのですが、
普通にキッチン用で使うにはサイズが大きくて、いつも他の用途に・・・。

でも、それには少し物足りない色合いなので、織模様に刺繍するのはとっても良いアイディア。



最近頂いたアイルランドからのお土産は

a0230716_1750352.jpg




複雑な模様ですが、少し色を入れて刺繍すれば違った雰囲気になりそうです。



おまけの写真♪

ディッシュクロスは、海外に行くと自分でもよく買い求めます。
本来の用途に使う事はあまりないのですが・・・。

イギリスの ULSTER WEAVERS 社のリネンクロス 

a0230716_1865041.jpg




ベルギーの LIBECO 社のコットンリネンクロス

a0230716_1854349.jpg



自分で買う時は、いつも柄で選んでしまいます。





*Please click here. Thank you !
*Cliquez sur ici, s'il vous plaît . Merci!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
ご協力いつも本当にありがとうございます。
[PR]
by lamaisondesoeurs | 2012-10-14 18:21 | RAKAM | Comments(2)

RAKAMを見ていたら☆

昔の年代物のラカム、刺繍を再開してから時々出してはページを繰っています。
アイディアやデザインのヒントになったり、何度見返しても楽しく時間の過ぎるのをつい忘れてしまいます。



今日も別の物を探していたのに、とっても美しいハンカチーフに目が釘付け。



a0230716_2030016.jpg




a0230716_20273965.jpg




それで思い出したのが、このハンカチーフ。



a0230716_20335897.jpg




オーガンジーのケースは機械刺繍ですが、ハンカチーフには手刺繍にスカラップも手作業。

これは、アイルランドへ行った折にお土産として沢山買った最後の一品。
Nさんに差し上げようと思っている内に、会う機会がないまま月日が過ぎてまだ手元にあります。



探していたページもアイルランドにまつわる物、
30冊以上見てやっと見つけましたが、また次回に。



おまけの写真「アイルランド」

アイルランドは、決して華やかな印象の国ではありませんが、
調べていくと興味深い歴史を持っている国だと感じます。

特に文学作家には日本でも良く知られている人たちが。

『ガリヴァー旅行記』のジョナサン・スウィフト


a0230716_21164642.jpg




『ユリシーズ』のジェイムズ・ジョイス


a0230716_21144638.jpg




『ドリアン・グレイの肖像』、『サロメ』のオスカー・ワイルド


a0230716_21184962.jpg




そして、小泉八雲、ラフカディオ・ハーンもダブリンの出身です。生家


a0230716_2121341.jpg





最後に、アイルランドの政治的、精神的中心地だった「タラの丘」


a0230716_21225594.jpg

映画『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラの住む「タラ」はこの丘に由来するものだと言う事は、
この地へ来て初めて知りました。





*Please click here. Thank you !
*Cliquez sur ici, s'il vous plaît . Merci!
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
ご協力いつも本当にありがとうございます。
[PR]
by lamaisondesoeurs | 2012-09-14 21:35 | RAKAM | Comments(0)

RAKAM

私たち姉妹がまだ子供の頃、母がずっと愛読していたイタリアの手芸誌「ラカム」。
(暫くの間、装苑ラカムとして文化出版から日本版も出ていました。)

今回、実家の押入の奥深くに眠っていた大量のラカムを何十年ぶり?に、出して眺めていると…、
有りました。今でも使っているパンバスケット用に使うナプキンの原画デザイン!

a0230716_17101264.jpg


a0230716_17102669.jpg


1975年4月、12月号(ウ〜ン、古い!でも保存状態は良好です。)
a0230716_16305387.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
[PR]
by lamaisondesoeurs | 2011-09-09 17:21 | RAKAM | Comments(0)
line

  Linge de Maison NOEL       に魅せられて


by SŒURS
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31